答えが出せないときには!?

「なかなか決断ができないんです。」

 

来談された方からそんな話を伺うことがあります。

 

さらに

「迷って決められない自分が嫌なんです」

とか

「決断力がないところが私の短所です」

と言われる方もいました。

 

迷って決められないというのは視点を変えてみると、

物事に対して慎重なタイプともいえると思います。

迷ってしまうところがあるだけで、自分を否定しないでほしいものです。

 

私も買い物に行くと迷うことがあります。

ディスプレイされている洋服をひと目見て素敵!と思って、

そのお店に入って見ているうちに

 

あ、これ素敵!

あ、これもいいな!

 

となってきます。

 

いくつか試着してみるものの、結局選ぶのは

一番最初に素敵だな

と思った洋服だったりします。苦笑

 

一番最初にいいなと思ったものはやっぱりいいんですよね。

その感覚が大事だと思っています。

 

 

といっても

迷いにもいろいろありますよね。

 

特に

大きな決断をしなくてはいけないとき

は大いに悩むと思います。

 

私は長年勤めた会社を辞めるのに2~3年はかかりました。

 

毎日悩み続けたわけではありませんが、

「辞めようかな」

と自分の心に聞いてみると

「NO!」

 

頭では「辞めたい」と思っていても

心の声は、

「今じゃない」

なんです。

 

 

では、どうして辞める決心ができたか。

 

「辞めようかな」

と自分の心に聞いてみたとき

 

「OK!」

「大丈夫」

「今辞めなくていつ辞めるの?」

「問題ない」

 

と心から答えがかえってきた、そのときです。

 

自分の中で覚悟ができたからともいえるでしょうか。

 

いつか OK!という答えが返ってくるだろうと

自分の中にある感覚を信じて、答えを待ち続けたんです。

 

NO!という答えが返ってくるときは辞める決心がつきませんでした。

 

今でも辞めたタイミングは間違いなかったと思っています。

 

この感覚は一人一人の中にあります。

誰かに答えを求めたくなる時もあるかと思いますが、答えは自分がもっています。

 

もし、自分の感覚が信じられないと思うのであれば、

日々の生活の中で自分の感覚を大事にしてみてください。

 

例えば、

「○○が食べたいなと思ったらそれを食べる」

とか

「○○がしたいと思ったらそれをやってみる」

 

逆に

「したくないと思うことはしない」

「やりたくないなと思うことはやらない」

 

そうやって、

日々の生活の中で自分の気持ちを大切に過ごしてみましょう

 

すると、

いつの間にか

自分の感覚が信じられるようになると思います。

 

それが自分への自信にもつながり、自分が好きにもつながります。

 

 

あなたの人生が今よりもさらに輝きが増しますように。